木炭情報・木炭利用方法 プレスリリーズ 会社案内 リンク
木炭館オンラインショッピング SHOP(商品一覧)
楽しいバーベキューパーティーの第一条件は火を起こすこと。炭火ができないとお肉が焼けずにおながが減るばかり。あせっても炭火はつきません。でもちょっとした小道具があれば簡単に火を起こすことができます。
コツ
1. 着火剤を使うこと。マッチやライターで直接炭に火を着けようとしてもできません。古新聞でもできますが、熟練者向きです。
2. 火バサミを用意すること。炭火が燃えだすととても熱くなるので、火バサミがないとやけどします。45cmくらいある長めのものが良いです。
3. 備長炭は着火が難しく、爆跳する(はぜる)ことがあるので、十分注意してください。備長炭の着火方法は(別項)を参照してください。
4. いい火になるまで気長に待ちましょう。よい火ができるのに30分くらいかかります。おなかが減る前に火を付けておきましょう。
着火の方法
1. 用意するもの
●バーベキュー用グリルや七輪など●木炭●着火剤(ブリックスやファイヤースターターなど)●火バサミ●軍手●マッチかライター
2. まず着火剤に火をつけます
ブリックスなら半分か1個、ファイヤースタータなら1〜2本に火を付けます。着火剤に十分火が回るまで2分ほど待ちます。
 
3. 炭を入れる
着火剤の火が大きくなったところで、木炭を入れてください
4. 火の完成
木炭を入れた後、特にさわる必要はありません。着火剤が十分あればうちわなどであおがなくても火が回っていきます。料理によい火になるまで、最初から約30分かかります。おなかもすいたところでおいしいバーベキューをどうぞ。
5. 火の消し方
バーベキューが終わったら、火の始末を完全にしてから帰りましょう。燃え残った炭は水に入れて確実に火を消してください。お皿や空き缶なども残さずに来たときよりもきれいにして帰りましょう。
 
  火消し壷を使えば、残った炭をもう一度使うことができます。炭を入れた後とても熱くなるので、絶対に素手でさわらないで下さい。
 
バーベキュー木炭 備長炭 トップページ